レモン五味子茶~
ちょっと変わったレモンを入手しました♪

a0144998_10352494.jpg

上手に色が出せなくて、普通のレモンになっちゃってますが・・・

上の緑色は小笠原レモン。
下の二つはメイヤーレモンといってオレンジとレモンが自然交配したフルーツ(なので、
レモンと言ってよいかどうかは?ですが、一応名前はレモンですね。

小笠原レモンは化学肥料、農薬は不使用、メイヤーレモンは防かび剤が不使用。
ということで、よーく洗って

a0144998_10515313.jpg

レモン五味子茶を仕込んでみました。

前回は無農薬の普通に黄色い広島レモンで作ってみましたが、オレンジと緑だったらかわいいかな~?と思って2色のレモンで。

まあ、言っても五味子エキスが出だしたら、真っ赤になってしまうんですけどね・・・

a0144998_105515.jpg
前回五味子茶完成時です。

メイヤーレモンの袋には酸味が薄く、果汁が多いと書かれていたのでちょうどいい!と思ったけど、後で調べたら、種が多いので薄切りには向かないって005.gif
確かに、種結構あるなとは思いましたが・・・まあね。
お家で飲むわけですから大丈夫です001.gif

グラニュー糖を使うのですが、普通グラニューを切らしていて、お菓子つくり用の微粒子グラニューを使ったのです。そのせいか果汁が多いという割には、果汁の出方が遅いような感じです。
はやく、はやく~038.gif

一応五味子についても少し説明をしておきますね。

五つの味を持つといわれる生薬です。(甘味、酸味、塩辛い味、苦味、辛味)
どの味を強く感じるかで、体調もわかるそうですよ。
韓国での五行の考え方では大変バランスがよい薬材と言われているようです。

果肉にはリンゴ酸が多量に含まれ、滋養・強壮・疲労回復にもた効果があるとか。
ストレスの緩和に良いとか喉に良いなどとも聞いたことがあります。
そのほか鼻炎に良い、肌に良い、冷え症に良い・・・いろんなことに良いようですね。
効果には個人差があります・・・というところかな?
いずれにしろ生薬なので、急激な変化を期待するものではないと思います。

レモン五味子茶も4日前後でできる予定なので、夏バテ防止に活用したいと思います!
[PR]
# by sherry-syu | 2014-08-07 11:26 | 衣・食・住
三溪園の蓮
7月下旬、EOS学園の撮影実習で三溪園に行ってきました。
家を出る時すでに暑い中、電車だけで1時間40分の長旅です。
ちょうどラッシュにかかる時間帯でしたので、品川あたりまではかなりの混雑。カメラリュックと三脚という大荷物での乗車には気が引ける思いでした。

三溪園に到着するまでにだいぶ体力使った感じだったのに

a0144998_12262877.jpg
お花がないじゃ~ん!?な状況にやる気がさらに減退。もともと被写体に適したお花を探すのに苦労する人なのに、その被写体が少ないのでは、勝負にならない(←何の勝負?023.gif)ではありませんか~007.gif

a0144998_12392591.jpg

蕾はまだ結構ありましたね。もちろん咲いているコモいるんですけどね・・・ハァ~014.gif


a0144998_12404059.jpg
先生には「どこに行ったか分かるような写真」を必ず撮りなさいと言われているので、三溪園らしい写真をまずは一枚。

a0144998_12422234.jpg
幾つか撮ったけれどあまり気に入るものがなくて、講評にはこの日の中から三枚(しかもタイトルつけて!)ってどうしよう~な状態でした。

a0144998_12443123.jpg

そろそろシャワータイム?・・・とか?

a0144998_1245585.jpg

真昼のベストポジション・・・とか?

a0144998_12453768.jpg

避暑~ロータスリゾート~・・・とか?

適当なタイトルを考えてみましたが難しいですね。

途中のチェックタイムには先生からも撮影枚数が少ないと驚かれましたが、後半でピッチが上がることもなく
この日は100枚に遠く及ばぬ撮影枚数・・・選べる写真がないってもんです。

講評はすでに終わっていて、みなさんの写真を拝見すると、こんなとこどこにあったかな…?というようなものが沢山。自分のやる気のなさを少々反省いたしました。(深く反省しないところが、上達しない所以なのかとも気づく042.gif

講評にはこの日以外の写真も三枚ということで、私は以前に行った行田の蓮の中から持参しました。

6枚の中ではブログにも載せた
a0144998_12584865.jpg

この写真が一番のお気に入り。「秘密の入口」とタイトルをつけてみました。

これが一番早く決まったタイトル。先生にも、いいですね、と言っていただけたので043.gif
物語やイメージのある写真はタイトル決めもあまり苦労しないもんだなと思いましたよ。


それにしても三溪園撮影当日は本当に暑い日でした。
みなさん帽子を被ったり水分補給したり、木陰で休んだりと工夫されていましたがなかなか大変でした。
ちょうど半端ない暑さが続いたころだったと思います。私も熱がこもりやすい体質だし、しばらくはシャキッとしない日が続きました。
大人になってからは暑い蓮の時期にしか来たことがない三溪園ですが、お友達には菊花展のころに来られるという方がいて、チャンスがあればぜひ爽やかな三溪園も楽しんでみたいと思います。

ここ数日も暑い日が続いていますよね。外に出られる方も、お家で作業される方も、どうぞお気を付けくださいね。

a0144998_13193193.jpg


それにしても暑い~~~042.gif
[PR]
# by sherry-syu | 2014-08-06 13:19 | 写真
アイスティーとアレンジティー~紅茶レッスン
1日の予定は一つ。まとめて沢山こなすのは、最近特にしんどくなっておりまして。
暑~い夏はなおのことであります。
そんなわたしですが、行田へ古代蓮を撮りに行った日は、珍しく予定が二つ・・・
自宅へ戻る車の中でコンビニのおにぎりを食べて一応腹ごしらえ(オットは、古代蓮の里で一人で食べていました・・暇ですからね、運転手040.gif
a0144998_124888.jpg


ダッシュでシャワーを浴びてバタバタと向かった先は、楽しみにしていたアイスティーレッスン。
楽しみにはしていたのですが、前半の講義・・・眠かったですね~014.gif
テキストを開いて話を聞く、これはまさしく授業でして、3時起きの私・・・倒れるかと思いました008.gif

ここを何とか乗り越えて、ようやく実践!こうなると俄然元気が出てきます006.gif

a0144998_1283016.jpg
まずはオンザロックス方式でシンプルな普通のアイスティーを。氷を入れたグラスに暑い紅茶を注ぐもので、
個人的には一番失敗の少ない方法かなと思います。

失敗見本も先生が作ってくださいましたよ。
a0144998_1213586.jpg
左が失敗見本。
白く濁ってしまったアイスティー。ミルクを入れたように見えるので、ミルクダウン、またはクリームダウンというそうです。「わざと失敗」も難しいですね005.gif


次からはアレンジティーを3つ。
グレープフルーツセパレートティー
a0144998_12172331.jpg



アイスティーロイヤル
a0144998_12174994.jpg



カンパリソーダティー
a0144998_1219926.jpg



グレープフルーツセパレートティーは美味しかったですね~。甘くて少し酸っぱくて暑い季節にピッタリ。
アイスティーロイヤルは、アイスミルクティーなのですが、コクを出すための隠し味が少し入っています。
なので、ロイヤルと言ってみる・・・?
カンパリソーダティーはその名の通りカンパリ入り。カンパリの量の調整でお酒っぽくするか、お茶らしくするか、お好きなように調整可です。
カンパリがあまり好きではないので私的には今一つだったかな。

a0144998_12283321.jpg

先生が見本で作ってくださった全種類。時間がたって氷が溶けてしまったものもありますが、色もせぱーレートもはっきりしていて、きれいですね。
一番右はアルコールがダメな人向けに準備してくださったシークヮーサーソーダティーです。
今回アルコールがダメなメンバーはいませんでしたが、一応作っていただいて全員で味見。
私的には同じ酸っぱいでも、もともとの果汁に甘みのあるグレープフルーツのほうが、紅茶に合って飲みやすい印象でした。

a0144998_12325322.jpg

こんなにたっぷり飲んでお腹は茶ぷちゃぷですが、スイーツは別腹。先生手作りの、レモンレイヤーケーキを最後にいただきます。

a0144998_1234021.jpg

レモンカードも手作り♪私の知っているレモンカードは、もっとこってりしたものでしたが、こちらは爽やかでいただきやすかったです043.gif

今年はとても早くにアイスティーの季節がやってきていたので、早くレッスンしたかったのです。
適当に入れてた自分流のアイスティーも悪くないけど、きちんと教わるとやっぱりおいしいです。
そして、やはり普段より濃いめに作る都合上、少ない人数分だと茶葉がジャンピングしなかったりといろいろ不都合があるので、大目に作る方が美味しくできるなと、実感しました。

もちろんレッスン後はアイスティー作って飲んでますよ!
ベトナムコーヒーがマイブームだったり、ミスカル飲んだり、飲むもの多くて忙しいです003.gif
[PR]
# by sherry-syu | 2014-08-05 13:03 | 紅茶レッスン